ホーム造園・緑地維持管理管理公園木くずリサイクル会社案内採用情報
お問い合わせ

小さい「春」見付けた!

まだまだ2月。寒い日が続いておりますが、皆さまお変わりありませんか?
先月に降った雪がなかなか溶けず、気温の低さを感じます。

そんな中、当社の日当たりの良い道路際に早々と「フクジュソウ」の黄色い花が咲き始めています。
処分に来られる方、近くを通りかかった方。
是非、ご覧になって早い「春」を感じて下さいね。

フクジュソウ*豆知識

キンポウゲ科
多年草

フクジュソウは北海道から本州の山野に多く見られる「春植物」です。
早春のウメの花がほころぶ頃からツボミを持ち上げます。
後を追うように咲く黄色の大輪花はとても見事です。
花茎を伸ばしながら、細く切れ込んだニンジンのような葉を広げ、晩春のころから葉を枯らし、落葉します。
春を告げる代表の花です。そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持っています。
福寿草という和名もまた新春を祝う意味があります。
「福を招く」というおめでたい名前から、お正月の鉢花としても人気が高く、園芸店のみならず年の瀬の夜店などで地掘り苗が売られています。

【誤飲の危険】
地面から芽を出したばかりの頃はフキノトウと間違えて誤食しやすい。
若葉がヨモギの葉に似ている。
症状は嘔吐、呼吸困難、心臓麻痺など。重症の場合死亡する。