ホーム造園・緑地維持管理管理公園木くずリサイクル会社案内採用情報
お問い合わせ

千代田町緑地

公園の遊具など

ベンチ
避難場所

公園の植物

イヌシデ
カバノキ科 クマシデ属
花、雄花は尾っぽのように垂れ下が、その長さは5㎝程になる。
イロハモミジ
ムクロジ科 カエデ属
4~5月に咲く花はほとんど目立たず、オスメス同株で竹トンボのような2枚の翼のある実がなる。
クヌギ
ブナ科 コナラ属
秋に熟す実は、直径2㎝と大きめで他のドングリに比べて大きめに実り、ボリュームのある殻斗を被っている。
ケヤキ
ニレ科 ケヤキ属
樹皮は、若い木では横長の皮目があり、成長すると不規則に剥がれる。
コナラ
ブナ科 コナラ属
樹皮は灰黒色で縦に不規則な裂け目が入る。秋に実るドングリは長い楕円形で、すっきりとした姿。
サルスベリ
ミソハギ科 サルスベリ属
7~9月に枝先に小花が集まって咲くのが特徴。樹皮は剥がれやすく、スベスベになる。
ハナミズキ
ミズキ科 サンシュユ属
花のように見え、花びらだと思われているものはガクが変化したもので、本来の花は中心部にまとまって付いている。
ハルニレ
ニレ科 ニレ属
幹はまっすぐに、枝も伸びやかに伸びる。早春に花を咲かせ、初夏に翼のある実を付ける。
マテバシイ
ブナ科 マテバシイ属
メスオス同株で6月に一斉に斜め上向きに伸びる花穂を付けて咲く。翌年秋に熟すどんぐりは大きめで長さは2~3㎝。渋みがないので古くから食用にされている。
ヤブツバキ
ツバキ科 ツバキ属
冬から早春にかけて鮮やかな花を咲かせる。枝先に1輪ずつ半開きの状態で咲く。咲き終わった花が、花の形のまま落ちて散るのが特徴。
ヤマザクラ
バラ科 サクラ属
サクラの仲間では寿命が長く、ときに樹高30mを超える大木になる。樹形はホウキ形でケヤキに似ている。
ヤマボウシ
ミズキ科 サンシュユ属
花のように見えるのは総苞(そうほう=つぼみを包んでいたもの)で、実際の花は中心にあり小さな花が20~30個も集まっている。総苞1枚は長さ3~6㎝で先がとがっているのが特徴。実は、上向きに突き出すように付き、秋になると赤く色付いて甘酸っぱく、美味しい。

地図

公園設備

避難場所 水飲み場 トイレ